ホーム > 技術 > 売り買いのタイミング

売り買いのタイミング

実際にパソコンの前に座り、絶えず上下動している相場を眺めていると、すぐに取引をしなければならないという抑えようの無い感情に影響される場面も少なくないと思います。

 

でも、ぼんやりした衝動で売り買いをすることだけは、決してしてはいけません。

 

事実、為替相場は昼夜を問わず、どこかの国の外国為替市場がオープンしているし、為替相場もいかなる時でも変動している。

 

しかし、闇雲に売買を積み重ねると、その回数だけ損失が生じる率が上がります。

 

当然の事ながら、エントリーの数を重ねることによってじょじょに勝ち負けの確率が50%、50%になります。

 

けれどもそれは「なんとなく感覚でエントリー」することとは別の問題です。

 

取引回数を重ねるというのは自ら「ここは!」と考え付いた自信を得た状況での取引回数を積み重ねるという事を言っています。

 

何となく、エントリーを経験するのとは明確に違う。

 

市場の勝負に勝つためには、自ずからよく考えてけじめをつけることが必要です。

 

「ここだ!」と考えた相場の時には、迷うことなくポジションを多くして覚悟を決めて利益を追い求めます。

 

「ちょっと難しい外国為替市場でどうなるか読めないな」と思った時は諦めて持っているポジションをひとつ残らずクローズして何もしません。

 

これくらいのけじめがあったほうが結果的には注文はうまくいきます。

 

為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

文字通りその通りだと思います。

 

外国為替相場とは、いかなる時でも売買ポジションを持っていることが大切ではなく何も保有せずじっと見ていることも場面によっては必要です。

 

それでは、いつ休みどきなのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前述の通り、これからの外国為替市場が今ひとつよく見えない時。

 

ここから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、間違って判断すると、自ら思い描いた筋書きとは逆の方向に市場が向ってしまい、損してしまいます。

 

そのため、そういった時はポジションを諦め何もしないで様子を見ているのが唯一出来る事です。

 

第2に、あなた自身の健康状態があまりよくない時です。

 

健康状態と市場に関係しないと感じる方もいますが実際には意外に関係があります。

 

体の具合が変な時は相場の大事な状況で、落ち着いた判断を下すことができません。

 

気分が進まない時は市場から目をそらす事も大事な事です。

 


関連記事

ノロウイルスに効果がある消毒液を作ってみよう
冬になると、インフルエンザや胃腸風邪を引きやすいので家族みんなでヒヤヒヤしていま...
腸の働きを良くするコーヒーとバナナの組み合わせ
便秘になってしまった時は、なるべく水分を多くとる事が大切だと思います。私は便秘に...
売り買いのタイミング
実際にパソコンの前に座り、絶えず上下動している相場を眺めていると、すぐに取引をし...
テスト
テスト記事です。...